FC2ブログ

国立天文台

28日に全国で皆既月食 南東の空に赤銅色の光
東京新聞
子どもにも見やすい時間帯で、国立天文台(東京都三鷹市)は「多くの人に観察してほしい」と呼び掛けている。 月は太陽光を反射して輝くが、太陽-地球-月の順に一直線に並ぶと、地球が月を照らす太陽光を遮り、月は地球の影に入って暗くなる。一部が欠けて見える部分月 ...(続きを読む)


28日夜に皆既月食 各地で観測会
東奥日報
国立天文台のホームページ(http://www.nao.ac.jp/)によると、青森市では午後六時十三分、直径に対して37%欠けた状態で月が東の空に昇り、同六時五十二分に皆既月食が始まり、同八時二十二分まで続く。その後約一時間、部分的な食が見られる。(続きを読む)


すばる望遠鏡、太陽系外惑星の公転軸傾斜角の測定に成功
アストロアーツ
クリックで拡大(提供:すばる望遠鏡、国立天文台、以下同) 地球から見て惑星が恒星の前面を通過する惑星系の場合、通過の際に、惑星が自転している恒星を部分的に隠すため、恒星の見かけ上の視線速度が変化してみえる(ロシター効果をよばれる)。 ...(続きを読む)



天文台:アストロ・トピックス(317)国立
「8月8日(水) に国立天文台野辺山において、この電波望遠鏡の当時の建設や観測に携わった関係者への経過報告会と簡単なお披露目会を行う予定」らしい。(続きを読む)


2U Project Website - 国立天文台4次元
jp/t/index.php 国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト(4D2Uプロジェクト)では、天体や天体現象を空間3次元と時間1次元の4次元で可視化するために、4次元可視化実験システム「4次元デジタル宇宙シアター」を開発しています。天文学の対象である宇宙の(続きを読む)


望遠鏡を復元 国立天文台野辺山観測所
をあげる日本の電波天文学の礎を築いた日本最古級の電波望遠鏡を、同観測所に復元、関係者らに披露した。この電波望遠鏡は、故畑中武夫・東京大教授が49年に東京都三鷹市の国立天文台(当時は東大東京天文台)に設置した。(続きを読む)



スポンサーサイト



ブログ内検索
RSSフィード
リンク